参院選 京都選挙区候補 日本共産党

ブログ パパを国会へ

ブログ パパを国会へ

あなたのご主人も10年経てば・・・

2015.06.24

6月20日の、みやこめっせの大集会。
パパが大きな舞台でしゃべる。

パパは朝からぱちぱちパソコンを触っている。そおっと机に近づいて見ると、原稿が置いてあった。
(いっひっひ。一足先に原稿を読んじゃおう。)

「・・・・」

真面目すぎて笑うところがない・・・。
しょうがないな。パパは関西人じゃないし、落ちや笑い、突っ込みとかと無縁の人だ。第一お笑い芸人じゃないしね。法律家として権力に立ち向かってきた今までの姿がよく分かる文章だよね!

午後1時過ぎ。
急いで支度して家を出ようとすると子どもが、行きたくないといいだした。
「オレたち、二時間もヒマ。やることない。」
「会場は広いし、ちょっとウロウロしてもいいよ。パパがしゃべるとこ、聴いてあげようよお。」
「ええー。◯◯ちゃんとUNOしたい。」
「・・・・。」
何なんだ。選挙に出馬しようという家族の意気込みや苦労をちょっとは汲んでくれたらいいのに。
しょうがないな。まだ小学生だし。立候補に偏見がないだけでもありがたいよね!

会場について、空席に何気なく座ったが、だんだん人が詰まってきたので、中の方に寄った。「横いいですか?」
すると親しげに話しかけられた。
「あなた、大河原さんの奥様ね。」
「???」
何で知ってるんだ。誰かしら。
「共産党も大きくなれば、議案提案権も持てて、嬉しいわよねえ。応援してるわよ。」
「あ・・ありがとうございます。」

小池晃参議院議員の話も大門みきし参院議員の話もめちゃくちゃおもしろかった。きちんと論点が分かり、共産党の対案も道理があることが納得でき、お二人の人柄まで分かり、しかも笑いもあるすばらしい演説だった。

となりのお姉様が、「あなたのご主人も10年経てば、あんなになれるわよ。」
「あ・・ありがとうございます。」

名前も知らない方が、応援してくれている。戸惑うけれどとても嬉しい。
嬉しかったので、帰り際にパチリと一緒に写ってもらった。

< 記事一覧に戻る

TOPに戻る