参院選 京都選挙区候補 日本共産党

ブログ パパを国会へ

ブログ パパを国会へ

慎重な人

2015.09.10

パパは子どもの時から、慎重な人だったらしい。
連れて行かれたのが、デパートの「たち吉」の時などは、
食器を割ってしまうんじゃないかと心配して、なかなか歩けず、「固まっていた」と義母から聞いたことがある。

すごい雷が夕方から鳴り始めた日のこと。
断続的に激しい雨も降ってきて、(次男は濡れて帰って来るだろうなあ。)
と気になりながら家で待っていた。

すると電話が鳴った。
学校からだ。
「お母さんですか。次男君が帰れないって言ってます。どうしますか。」
「すぐ行きます。」
私は、次男の長靴と傘をエコバッグに突っ込んで、長靴を履いて学校に走った。
次男が、先生と並んで、校門の方を見ながら私を待っているのが見えた。

「雷が怖かってん。傘は昨日使っちゃって置き傘がなかったから、傘を借りて帰ろうと思ったんやけど、傘に雷が落ちても困るし。固まってたら先生がママに電話してくれた。」

誰かによく似た慎重な子どもだ。
でもママと一緒に歩いても、雷は落ちるかもよ!

 

< 記事一覧に戻る

TOPに戻る