参院選 京都選挙区候補 日本共産党

ブログ パパを国会へ

ブログ パパを国会へ

コーヒー

2016.03.07

「ママぁ、オレのコーヒー飲んだやろぉ?」
次郎君が言った。

まただ。
次郎君は食べることが大好き。
小さいときから、モリモリ食べる。
モリモリ・・・うははは!・・・モリモリ・・・ほんでなあ・・オレなあ・・モリモリ・・・うははは!・・・モリモリ・・・。

知らぬ間に皿がからっぽになっている。
からの皿から食べようとして初めて気づき、
「あれ?オレのご飯なくなってる。誰かとった?」

誰が子どものごはんとるんだよ。

「次郎君のコーヒー、ママは飲んでないよ。ママのコーヒー、カップに残ってるやん。
この間もママに飲んだやろって言ったよねえ。自分で一気飲みして、忘れたんでしょ。」

「ちーがーう!オレは飲んでないもん!」
「ハイハイ。新しいの入れてあげようねえ。いっぱい飲むのはいいんだよお。」
「オレは飲んでないー。」
「ハイハイ。」

数日後、パパはみんなより遅れて起きてきた。
パパは候補者になって夜の会食が増えたし、朝ご飯の7時ちょうどに起きてこれないことがある。そりゃあ、一緒にご飯が食べれるのは朝だけだから、起きて来れたらいいけど、そんなこと言ったら、パパの寝る時間がなくなっちゃう。

「おはよう・・・」
パパは次郎君の向かいに座って、

次郎君の味噌汁を飲んだ!!!

すかさず次郎君は、
「それ!オレの味噌汁!」

・・・。

もしかして、この間次郎君のコーヒー飲んだの、パパなのかな・・・。

< 記事一覧に戻る

TOPに戻る