参院選 京都選挙区候補 日本共産党

活動ブログ

立憲主義を考えるシンポジウム、口丹地域の街頭宣伝、3つのつどい

2015.12.30

12月11日

京都大学時計台ホールで開かれた「立憲主義を考えるシンポジウム」に、参加しました。志位党委員長の講演のあと、君島東彦・立命館大教授、曽我部真裕・京都大学教授、岡野八代・同志社大学教授らのスピーチを受け、4人の皆さんの学術的議論は、参加者に感銘を与えました。また、このシンポジウムを開くために多大な努力を払っていただいた高山佳奈子・京大教授には、心から感謝したいと思います。

12月12日

1週間後に予定している日吉町生涯学習センターでの演説会への呼びかけもかねて、亀岡市内5カ所、南丹市内4カ所、京丹波町1カ所の計10カ所で、各市町の議員さんたちと一緒に街頭宣伝をしました。

12月13日

保育所の保育士さんたちのつどい、戦争法廃止をめざす花園連絡会・結成のつどい、民青東地区主催の青年企画に、と駆け回りました。

保育士さんたちのつどいはでは、「国民連合政府」の提案のお話が主な目的でしたが、保育士さんたちからは、次々と保育現場の大変さが具体的に話され、学ぶことが多いつどいでした。花園連絡会のみなさんは、2000万人署名をあつめようと提起され、励まされました。夜の青年企画では、池内さおり衆院議員が、ご自分の民青と党との出会いから、議員活動へと多岐にわたる訴えをされ、戦争法廃止の訴えをしました。東地区の取り組みは、いつもたくさんの若い人たちが来られているので、頑張り甲斐のあるつどいです。なにせ、どこに行っても自分が一番若いことが多いのですが、青年の企画は、自分はお兄さん、みたいな感じになるからです。

(スタッフ)

 

< 記事一覧に戻る

TOPに戻る