参院選 京都選挙区候補 日本共産党

活動ブログ

2016年は選挙の年

2016.02.05

 2016年は、7月の参議院選挙はもちろんのこと、京都府内で、議員選挙があります。

 皮切りは、なんと言っても京都市長選挙。八幡市長選と市議補選。3月に南山城村議員選挙、4月に京丹後市長選と市議選、6月に福知山市長選、参院選を終えた秋には、笠置町議選、宇治田原町議選、宇治市長選・・・

 新しい年になってあっという間に、1か月が過ぎました。

 参院選勝利にむけて、様々な集会にごあいさつに伺いながら、地方選挙の候補者の皆さんのところで、一緒に街頭宣伝をしたり、と駆け巡っています。

 そんな中でも、この間の一番の喜びは、アスベスト京都訴訟でも勝利判決を受けたことです。これまでの各地の判決でも、国の責任については裁判所は認めていましたが、建材メーカーについては、厳しいものでした。しかし、1月29日の京都訴訟の判決は、建材メーカーについても責任があることを認断罪しました。弁護団長の村山弁護士は、この判決が、「1歩も2歩も、5歩も6歩も進んだ」ものだと、報告されました。
 「原告らを代表にした京建労全体の裁判闘争だった、この勝利は、本当に大きい。」と、報告集会で報告され、京建労の皆さんとで喜び合いました。

そして、今、京都市長選挙のまっただ中。この選挙に本田さんが勝利することは、戦争法を廃止し、集団的自衛権の閣議決定を撤回する「国民連合政府」を誕生させる上で、大きな力になります。本田さんへの期待が大きくなっていることが日に日に感じられます。頑張りましょう。

写真は、活動の一端です。

(スタッフ)

< 記事一覧に戻る

TOPに戻る