参院選 京都選挙区候補 日本共産党

大河原としたか物語

③団結せよ!

 山形県置賜郡川西町。県南部、置賜盆地の中央に位置し、人口約1万6000人。1メートルを超す雪で町が覆われる長い冬が終わると、美しい田園風景が姿を表します。1976年9月11日、大河原さんは父・壽男さん(62)、母・美千代さん(64)の長男としてこの町に生まれました。

 両親ともに川西町の町職員。父は労働組合委員長を歴任するなど、労働運動に尽力してきました。平和運動や労働運動がとても身近にありました。
 小学校2年生の時。朝食を食べ終わると、国語の教科書を音読するのが日課でした。この日は、小さな黒い魚が主人公の「スイミー」。〈みんなでいっしょに泳ぐんだ。…僕が目になる〉。物語のクライマックス、スイミーと小さな魚たちが力を合わせて凶暴な魚を撃退する場面。壽男さんが突然、「『労働者よ、団結せよ』だな! 分かるか、壽貴?」。「…よく分かんねぇ」。(つづく)

TOPに戻る